Suzhou Advance Printing 社が中国の印刷産業で初めて カーボンニュートラル認証を取得

旭化成のAWP™ CleanPrint水現像フレキソ版を採用した結果、
Suzhou Advance Printing社はOEEを21%向上し、100万中国人民元(145,000米ドル)を節約

2023年5月22日東京(日本)及びブリュッセル(ベルギー)発:フレキソ印刷用感光性樹脂版のパイオニアであるアサヒフォトプロダクツは、本日、中国蘇州市のラベル印刷会社であるSuzhou Advance Printing Co., Ltdが中国の印刷産業で初めてカーボンニュートラル認証を取得したことを発表しました。同社は2001年に設立され、現在では蘇州市(本社)、広州市、天津市、ウルムチ市の4つの都市に展開しています。

技術部門部長のZhao Feng氏は、旭化成とESKOの共同主催により最近開催され、100人以上が参加した技術オンラインセミナーでの体験を語ってくれました。Suzhou Advance Printing社は、従業員数300名、年間売上高2億4,000万中国人民元(3,500万米ドル)を誇り、2022年9月にSGSと提携してカーボンニュートラル認証を取得しました。

「弊社は、個人医療、自動車(石油)、飲食、製薬など、さまざまな産業にラベルを提供しています。これまでは、サーマルプレートを使用してきましたが、より高い品質で、信頼性と持続可能性に優れたプレートソリューションを探していたのです」と、Zhao Feng氏は説明しました。Suzhou Advance Printing社は、地元の製版会社と提携・協力しながら、こうしたニーズを満たすだけではなく、国が求める高いカーボンニュートラル目標の達成と企業としての社会責任の継続的改善に貢献するために、会社のカーボンフットプリントの削減にも一役買ってくれるソリューションを探しました。

Zhao Feng氏によると、旭化成のAWP™-DEWおよびAWP-CleanFlat CleanPrintフレキソ版を選んだのには、以下の理由がありました。

  • 水洗浄を使用することにより、地球環境を破壊しやすい溶剤を使用する必要がない。
  • 印刷機を長時間運転しても、優れたインキ転移と印刷の安定性により、版洗浄のために印刷機を停止する回数が減る。これにより、生産量が向上し、廃棄物の量が大幅に削減される。
  • 白抜きの細字やハイライトの印刷における優れた耐刷性。
  • 長時間印刷でも色が安定し、インキ濃度と転移性に優れる。
  • FMスクリーニングを用いた高品質印刷が可能。

「2020年11月に新しいフレキソ版を使用し始めると、印刷準備時間が大幅に短縮され、稼働設備効率(OEE)も21%向上しました」と、Zhao Feng氏は付け加えました。「新しいフレキソ版の採用は、カーボンニュートラル認証取得への弊社の取り組みに貢献してくれました。さらに、初年度から、約100万中国人民元(145,000米ドル)のコスト削減に成功し、効率性の向上と樹脂版から出る廃棄物量の削減にもつながりました」。版のレーザー描画にはESKO CDI Spark 4260を使用しています。

SGSと協力してカーボンニュートラル認証を取得する取り組みにおいて、Suzhou Advance Printing社は、炭素排出の境界と排出源を明確に特定し、炭素排出ファクターを決定し、すべての炭素排出量を構成するデータを提示しました。旭化成のカーボンニュートラル認証取得済みの水現像フレキソ版の採用に加え、Suzhou Advance Printing社は、グリーンエネルギーを使用し、省エネ・炭素排出量削減プロジェクトを継続的に導入しています。「当社は、環境目標の達成をサポートするためにエネルギー管理センターも設立する予定です」と、Zhao Feng氏は述べました。「私たちは旭化成と弊社との関係に満足し、旭化成がAWP™フレキソ版のカーボンニュートラル認証を取得するために行ってきた取り組みをリスペクトしました。旭化成の経験から学べたこと、そして同社のフレキソ版のカーボンフットプリントおよび独自のカーボンニュートラル認証に関するデータを提供していただいたことは、当社がカーボンニュートラル認証を取得する過程で貴重な参考となりました。今後もパートナーシップを継続し、より持続可能な未来を目指す道のりを共に歩んでいけることを期待します」

「旭化成では、カーボンニュートラル認証の取得を最優先しています」テクニカルサポート責任者の市橋亮氏はそう語りました。「Suzhou Advance Printing社のような、未来を見据えて産業とサステナビリティ向上に貢献している企業に協力することができて、とても光栄です。同社がカーボンニュートラル認証を取得できたことに心からお祝い申し上げ、その手助けをできたことを誇りに思います」

旭化成がカーボンニュートラル認証を取得するまでの道のりや、AWP™-DEW水現像フレキソ版が認証を最近取得するために用いたプロセスの詳細は、当社のホワイトペーパー「カーボンニュートラル:目指すべき価値がある目標」をダウンロードしてご覧ください。

環境に優しいアサヒフォトプロダクツのフレキソ印刷版ソリューションの詳細については、www.asahi-photoproducts.comをご参照ください。